農機具を買取してもらおう【中古でもあっと驚くプライスが可能】

ニュース一覧

スムーズに売却

トラック

中古トラックを売却するのに優良業者を見つけるには、必ず会社が所在しているところを選ぶようにしてください。査定の金額の根拠について明確に示してくれて、売却までの手続きをスムーズに進めてくれる業者を選ぶようにしてください。

詳しく見る

古くても需要がある

重機

古い重機でも需要があることから、買取してくれる業者はたくさんあります。処分をするにも費用がかかるため、それなら買い取ってもらった方がお得です。まず、複数の業者に査定を依頼しましょう。高値がついたところを選択します。

詳しく見る

複数業者に査定依頼をする

トラック

トラックを売りたいと思ったら、すぐに様々な買取業者を比較しましょう。一括査定のできるサイトを利用すれば、簡単に複数の業者から査定額を提示してもらえます。その中で高値をつけてくれた業者に買い取ってもらうことが一番良い方法です。

詳しく見る

送迎用に使える

座席

中古バスは再利用できるものもあります。送迎バスとして利用されることがよくあるのです。また、古くても使える部品があれば買い取ってもらえることもあります。古いからといって必ずしも廃棄されるわけではないのです。

詳しく見る

高い査定が出せる仕組み

トラクター

中古農機具の市場があり、オークションや海外への販売もあります。農協や地元の農機具屋では古い農機具はタダ同然でしか買取りができませんが、専門業者であれば海外への販売ルートを持っているので高価で買取ってもらえます。

詳しく見る

中古の方が人気の理由

トラクター

古くても頑丈で丈夫

使っていた農機具が動かなくなったから、それは廃棄して新しいものを購入しようと考えるかもしませんが、動かなくなったものでも捨てるのではなく売却することを考えて下さい。動かなくなったのに買取ってくれるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、日本の農機具は頑丈にできているのでメンテナンスをすればまだまだ使えます。エンジンが動かなくなった農機具であっても高値で買取ってもらえるケースが多いのです。中古の自動車は古くなってくると税金があがったり、車検が通らなかったりするなど問題が出てきますが、農機具には車検はありませんし、もともと何十年も使える作りをしているので古い農機具にも人気があります。その証拠に日本では新型の農機具よりも中古の農機具の方が近年販売実績が多くなっています。しかし、日本では製造から15年以上経った農機具は中古品として販売することができません。国内で再販しようと思ったら、15年以内に買取ってもらう必要がありますが、日本の農機具はアジアで特に高い人気があります。製造から20年以上経っているものもアジア諸国では活躍しています。アジア諸国では農業の機械化は始まったばかりで、まだまだ普及に至っていません。今まで人力で農業生産をしていたのと比べると新型と比べると性能は劣るとはいえ圧倒的に生産性を向上させることができます。新型は高すぎて手が出なくても中古の農機具であれば購入でき、しかも丈夫で頑丈なので長く使うことができます。そんな理由があるため、古いものでも積極的に買取りをしてくれるのです。

Copyright© 2018 農機具を買取してもらおう【中古でもあっと驚くプライスが可能】 All Rights Reserved.